« 2008年06月 | メイン | 2008年08月 »

2008年07月30日

サマータイム


台風8号のスウェルはハッピーサーフィングをくれただけじゃなかったよ...

投稿者 mie : 18:07 | コメント (0)

2008年07月29日

ギブミ−ワックス


台風スウェルの21㎞ビーチのラインナップ シェ−パーの遠藤さんの桐製サーフィンボード レールの形がイカしてた 細い細い細いといえば...熱中症ぎみの脳裏に浮かぶビキニのラインであった...  

投稿者 mie : 18:08 | コメント (0)

2008年07月23日

太陽がいっぱい


シャワーをあびるハイソなお家の階段はイタリア製のテラコッタ 滑っちまって転べばよかったクイックシルビア だけど踏ん張りギックリ腰 ヘルプミ−!”エロ龍”へ 御自慢の¥3.500.000-!のエロクトリックマシーンでキミの瞳は1万ボルト...  

投稿者 mie : 12:27 | コメント (0)

2008年07月18日

ヤンキーガール


なぜオレの描くお色気ちゃんは西新井プールにいそうなヤンキーガールになっちまうんだろう でもねやっぱり夏のナオンは山の手のお嬢様よりこっち側でしょ 縁日花火ラブホテル...余談であるが先日ある大人にこう云われた『アナタね立場があるんだから そんなものばかり描いていたら誤解されるからほどほどにしないとね』オレはどんな立場にあるのだろうか... 

投稿者 mie : 18:10 | コメント (0)

2008年07月13日

巨万の富み


関西弁訛りたっぷりの男が声をかけてきた『ぼくうぅっ〜手相見れますねん うわっ〜スッゲエ〜ここの線ありますやろ急激に上にあがってますやんか これは一気にお金が入ってきますってゆう線でおまんがな』なんとなくうれしいオレであった...余談であるが女が喜ぶと書いて嬉しい 自分がこの漢字を使うにはかなり気が引けるのである...

投稿者 mie : 18:55 | コメント (0)

2008年07月11日

梅雨明け


おそらく これからやって来る雨雲のあとでゴロゴロどっか〜ん轟くライトニングで梅雨が明ける 夏がはじまる エロハの作品を描きはじめよう 舞台はト−キョ−...

投稿者 mie : 16:37 | コメント (0)

2008年07月10日

16:45


ちょっと...あれ見てくださいよ...怪海係長また待ってますよ...前のキャバレー竜宮城へ御出勤の”乙姫”ですよ...客として指名すればいいのに毎日ああやって見てるんすよ ムッツリスケベだよな...『オイッ...高見...聞こえてるってば...』*余談であるが携帯電話の調子が最悪 新しいの買わなくちゃ...

投稿者 mie : 17:05 | コメント (0)

2008年07月08日

寄せては返す波のよう


なんだかバカバカしくなってきた...ああ...南大平洋の楽園に行きてえ...カレーパンダこと石波狂太郎であった...

投稿者 mie : 16:48 | コメント (0)

2008年07月07日

インフレーション


コジョージ・クルーニ−がモテるにはそれなりの理由があった 『ねえ〜なにか飲んでいい♡』サービスの御褒美は一杯¥2.000-のドリンクである おとこ40才にもなればそれなりに場の雰囲気というものを察してカッコつけなければならないときがあるもんですよ それなりに遊び慣れているコジョージ・クルーニ−はあろうことか云ってはならないジョークをかました『カルピス?』カルピスは一杯¥4.000-であった ニッコリ微笑むホステスであった...

投稿者 mie : 16:48 | コメント (0)

2008年07月06日

キャバレーはお好き?


ワインレッドのベッチンのソファーに腰をおろしたカレーパンダこと石波狂太郎の目の前のテーブルで酒池肉林よろしくストークする野郎たち 鷲尾交通のタクシーではるばる来たぜ竜宮城!藤沢のホストクラブ”ダイアナ”のホストである ナンバーワンホストの”伊集院鷹美”は御機嫌ななめ お気に入りのホステスはあろうことか 後輩ホストのコジョージ・クルーニーにゼブラ柄のリアルTバックを見せていたのでありました...

投稿者 mie : 16:27 | コメント (0)

2008年07月03日

いらっしゃいませ


紫色のガラスドア一枚隔てたそこはもう 魅惑のパラダイス 『ようこそ竜宮城へ』カレーパンダこと石波狂太郎を歓迎するマネージャーであった...*このモザイクの写真はサボール学園の山田くんからメールで届いたポルノ投稿サイトの画像である なんと著者のキャラクタータオルが... 

投稿者 mie : 17:54 | コメント (0)

2008年07月02日

竜宮城へ


亀を助けてキャバレー”竜宮城”へ入店したカレーパンダこと石波狂太郎であったが それは仕組まれた罠であった チンピラ『兄貴すいませんでした...』亀兄貴『痛てててて...オレも年だな...お先に上がらせてもらうよ』 *デイリーコミックファンの皆様 ながらくお待たせしました 最強のコミックの始まりです...

投稿者 mie : 13:43 | コメント (1)