« 2008年01月 | メイン | 2008年03月 »

2008年02月26日

ほかけぶね


江戸時代のしゃれことば 惚れたっていう意味 『あたしゃおまえさんに惚掛舟♡♡♡』 てなこといわれてみたいもんだね...

投稿者 mie : 15:27 | コメント (0)

2008年02月25日

にえきらぬ


武者修行で北米大陸を放浪した空手家の友人からのほめことばをおもいだした...『いろんなおんなとやったけどミーちゃんの描く女の尻(ケツ)は世界一いい尻(ケツ)だな 尻(ケツ)描かせたら世界一だな』といわれたのである おれは今朝ふと想った『紫綬褒章をもらう前に尻褒章を頂戴していたのであったと...』

投稿者 mie : 16:04 | コメント (0)

2008年02月20日

はじしらず


遊女三千人 吉原で働いていたそうです 売られてきた女のひとがほとんどだったそうで10年ぐらいの勤め契約を終えて”年季明け”自由の身になるわけです 仕事といってもそこはひと 恋をするものもいれば ”身請け”されるものもいます これは馴染みの客が楼閣の借金を肩代わりしてやり自分だけの女にすることです シビアな世界ですよ...   

投稿者 mie : 17:55 | コメント (1)

2008年02月17日

ろくでなし


わざとじゃないんだよぉう...お桃ちゃん...

投稿者 mie : 17:10 | コメント (0)

2008年02月15日

おち


助禄は色男である それ以外のなにものでもない ひとのいきざまとはなんだろか...?そんな哲学的思考の渦に巻き込まれそうなとき 飲み仲間の池田潤氏のブログを見てはっきり感じた このひとはBEACHが似合うひとである それ以外のなにものでもない 答えは『らしくあれ』...

投稿者 mie : 11:46 | コメント (0)

おち


助禄は色男である それ以外のなにものでもない ひとのいきざまとはなんだろか...?そんな哲学的思考の渦に巻き込まれそうなとき 飲み仲間の池田潤氏のブログを見てはっきり感じた このひとはBEACHが似合うひとである それ以外のなにものでもない 答えは『らしくあれ』...

投稿者 mie : 11:15 | コメント (0)

2008年02月09日

いろおとこ 金と力はなかりけり


きょうから”いろはカルタ”の絵を描きはじめた 江戸時代”シャボン玉売り”という商売があった イカした商売だとおもう なんだか夢がある... 

投稿者 mie : 17:56 | コメント (0)

2008年02月05日

セルフィルム


0,1mm厚のB2のセルフィルム250枚が届いた アニメーション用具はデジタル化の侵攻で必要なそのときに手に入りづらくなってしまった モニターに写る絵とセルでは月とスッポン 輝きがちがうのである 欲しいものはなあに?と聞かれると『欲しいもんは別にない...』とかえす 地下鉄のトンネルの中ではて?と想った おれは本当に欲しいもんがないのか?土曜日はトランクスを22枚注文したし今日は注文したジーンズの催促の電話をいれた 仕事場の流し台の上には1956年式のF100の写真を貼っている 鈴木春信の全集も書店に注文する なんだオレは欲しいもんだらけじゃないか?まてよ これは必要なモンだ もしかすると”欲しいモン”てオレにとって本当は手に入らないモンなのではないだろうか...  

投稿者 mie : 15:49 | コメント (0)

2008年02月02日

グラッシ−


サーフィンしてえ...風はまだまだつべたいけど ちょっぴり春の気配をかんじる こないだナイトサーファーに会った 真夜中12時から午前2時ぐらいまで海に入っているそうだ 満月の夜がいいらしい 地球にはいろんなひとがいるもんだ...

投稿者 mie : 17:57 | コメント (1)

2008年02月01日

タイムマシーン


鈴木春信の春画集を手に入れた 線の美しさは江戸絵師のなかで抜群である ついこないだまでなんとも感じなかった絵だったのに...この感じるということ これですよ 

投稿者 mie : 15:44 | コメント (0)