« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月30日

デッドストック


ずっと聞きたかった物売りの声色集がやってきた これが伝説のヤバイレコード!不思議なんだけど 描こうと思っている世界に必要なもんが なんだかス〜ッと集まってくる 宿命かな...

投稿者 mie : 17:53 | コメント (0)

2007年11月24日

谷中の坂


お彼岸にお墓参りに行かなかったバチアタリなオレ なんだか気にかかる 思い付くままに表参道駅から千代田線へボーディング ウイークエンドの車内は空いている 優先席の指定がないことを確認し三人座けの座席に腰掛けた 『まぶいねえさん 隣にこねえかな〜』なんてことを期待しつつ いざ谷中へ お気に入りの単行本”江戸吉原図聚”をうっかり置いてきちまった...チェッ...そんなときは人間ウオッチング!いましたよキャラが!むかいの座席にはイヤホンをはめた”殺し屋” マナーは最悪 そこへあの河童があらわれ水掻き付きの若草色の足で 池袋駅前の靴磨き屋でポリッシュしたばかりの殺し屋の短靴を踏んだのだった せんにもそうであった...お墓参りの道のりは河童が出るのである... 

投稿者 mie : 18:11 | コメント (0)

2007年11月22日

キューティーアヴァロン


読者のみなさん無沙汰しちやって 芸術の泉が沸き出してきました... 海女の仕事は命がけです 仕事着には星や月の一筆描きの刺繍を縫います 無事に陸に戻れるように願かけですよ ”quitie abalone”セル画42×29cm/ラバ-絵の具/¥150.000-

投稿者 mie : 15:19 | コメント (0)

2007年11月14日

武士道


オウッと...お侍さん丸腰の人間を斬るなんざ 下の下でさあ まして相手が町人ともなれば真剣勝負はジャンケンポイが江戸の掟 バカと鋏は使いようパーだしゃ後出しチョキあたぼう でもそこは武士 グッとこらえて いざ御免... 

投稿者 mie : 14:35 | コメント (0)

ネコに小判


この時期 年賀状の絵を頼まれる にがお絵の注文だ よく知った人物はコミックのキャラクターとして登場させてもらうこともある カレンダーの到着を待ちながら 次ぎなる芸術の泉が沸き出すまで筆休み...

投稿者 mie : 13:43 | コメント (1)

2007年11月05日

ノットフォーセール


金で買えないものはないよ 人のこころも金で買えるって内の女房が言ってた...こんな悲しい底辺のお話しをしてるんですか?あんたは?馴染みの花魁に入れ込んだ御武家様 富士の山ほどつぎ込んだ大判小判はどこ行った... 

投稿者 mie : 13:02 | コメント (0)

2007年11月04日

口先三寸


御面売りの”亀吉” 八百の煩悩があるといわれる俗人のなか 彼は百八つの煩悩しかなかったのでした これは荒行を乗り越えてきた偉い僧侶の辿り着きたい境地である 800-108=692 この692はすべて色欲 こんな男を中の世界のおんながほっとくわけがありやせん 俗世界の生き仏ですよ ありがたやありがたや... 

投稿者 mie : 18:08 | コメント (0)