« 2006年05月 | メイン | 2006年07月 »

2006年06月29日

夏といえば


きのうの夜 見ちゃったんです お化け プロサーファーの池田潤さんともつ焼屋さんへ 帰り際 ニ階のトイレに池潤がお先にと 入れ替わりトイレへ 扉をあけると『バシッ!』と閉められた 『すいません...』と言ってしばらく待っていたが とりあえず下にもどった 池潤『どうしたの?』だれか入ってたよ と言うと『うそだ〜だれも入ってないでしょ』鳥肌 そしてお店のおじさんに一緒に行ってもらいました   

投稿者 mie : 16:32 | コメント (0)

2006年06月28日

神田


本日はこれにて終了

投稿者 mie : 20:59 | コメント (0)

2006年06月27日

白衣の天使


きょう大腸の検査だった 麻酔を断りいざ出陣 まな板の上の鯉よろしくで看護婦さんに聞いてみた『麻酔かけなくても平気だろうか?』すんごく優しい瞳で『大丈夫ですよ』おれは無理笑らで『子供じゃないもんね〜』と強がってみたが 撃沈した 

投稿者 mie : 19:31 | コメント (0)

2006年06月26日

喝采


悲しみのプールに落とされたって ユーモア満載気取らなくちゃいけないこの稼業 BGMは千秋なおみの名曲”喝采” 

投稿者 mie : 15:58 | コメント (0)

2006年06月23日

約束


わすれてはいけないのです お約束です 約束というとちょっと固めなんで ”お”をつけます 英語だとkeep on なのでしょうか

投稿者 mie : 17:49 | コメント (0)

2006年06月20日

絵と文


絵で雨を描くには何本かの線をひく 文字はカンタン でも文章でその雨の様子をあらわすのはむづかしい 絵は一目瞭然 今日から BRANDNEW COMICを描きはじめる 

投稿者 mie : 15:37 | コメント (0)

2006年06月19日

カフェモカ


集中したのでちょっと甘いカフェモカを 通りのむこうのちょっとした光景 

投稿者 mie : 18:07 | コメント (0)

2006年06月17日

ナショナリズム


肥溜め権平さん 『ニッポン応援すなければなんねえど んでねえと 肥溜めひっかけんど ほら ほらってばさ』 

投稿者 mie : 18:19 | コメント (0)

2006年06月16日

駕篭かき


麹町から辻駕篭をはしらせ 相模ノ国に向かう 夢想流大崎師範 大野槍枕兵衛は心境穏やかではなかった 『あすも 波はなかろう』と踏んで昨夜は江戸で酒池肉林  しかし波が上ったのである あいにくなじみの町駕篭屋”駕篭速”は先約済み いたしかたなく 辻駕篭に 今でいう流しのタクシーである これがわるかった 大崎についたのは三日後であったそうな

投稿者 mie : 11:05 | コメント (0)

2006年06月15日

入り口


仕事場の扉を交換してからいろんな人がやってくるように 午後3時 兄弟愛のシンボル”もちまるブラザース”出没 5分後 高校の後輩”家政婦は見た京子”出没 午後4時 ”剣術志つかさ殿”打ち合わせ 午後6時 ルトラック星人2号と会食 となりのテーブルでぶチャンズの大食漢 食傷する その後 銀座へ 真夜中のハワイアンバーでプロデュースカンパニーの敏腕女社長とナイスミ−チュ− 雑談 はたしてルトラック星人の地球征服はなるのか ごちそうさまでした 

投稿者 mie : 12:42 | コメント (0)

2006年06月14日

人気番組


泡盛2杯目から浮かぶ 『ザ・低俗SHOW』 はどうなのよ 僕のあたまの中のTV番組 歌あり寸劇ありクイズあり人生相談ありの30分もの BGMはスタンダードジャズ 出演者はドレスコード もちろんPTAからはパージされ プロレタリアにはブラボーの そんな感じ 超極秘コミック(タイトル決まってますが伝博堂にパクられそうなので発刊まで内緒)のコンテンツに入るので詳しくはそこで 

投稿者 mie : 13:12 | コメント (0)

2006年06月12日

ランチタイム


夕方5時 きょう初めての食事 おいしかった

投稿者 mie : 18:41 | コメント (0)

2006年06月11日

うそだろ


聞いてください めちゃ怖のはなしを いましがたおれの仕事場の前をこいつが歩いていて 目があっちゃって ニコライ堂の鐘の音 ガ〜ンギ〜ンゴ〜ンと響き 倒れそうになっちゃった 怖いよ

投稿者 mie : 17:02 | コメント (0)

2006年06月09日

あまやどり


『け〜っ ふってきやがった ごめんよ いれておくんなさいよっと アレっ』

投稿者 mie : 19:19 | コメント (0)

2006年06月08日

江戸時代


こうゆうときすごく 和を感じてしまうのは なぜだろう 着物のえりあし ちらリズム ふ〜ん近いかも 銀座線の中刷り神宮花火大会の絵 きのうの絵

投稿者 mie : 18:02 | コメント (0)

2006年06月07日

キャラクター


いろんな人ひと 描くのたのしいですよ でも本当のワルは描けないんです 

投稿者 mie : 17:20 | コメント (0)

2006年06月06日

変わりゆく町


一駅手前の神保町からぶらっと すでにこの町は昔のおもかげはなくなってしまった おれの気分はフランス映画の中だけど 江戸時代の書物をあつかう店のショーウィンドーは宝の山 『おうっ 桃奴 じゃねえか. . .』

投稿者 mie : 18:34 | コメント (0)

2006年06月05日

母なる海


このウィークエンドは ばかの日をもうけた これはなんにも考えない なんにもしない日のことである こどもの頃 電信柱をいつも描いていた 木のクラシックな奴や コンクリートのデラックスなモノ いまは女性のおしり ケツというものを 描くのがいい 赤堤のマットジョンソン曰く『サーフィンすればいいんだよ』そのとおり 母なる海でした  

投稿者 mie : 16:45 | コメント (0)

2006年06月02日

仕事


香港から連日のおえかき カレンダーもそろそろはじめないと 

投稿者 mie : 16:31 | コメント (0)